このままでまずい。。。シミしわ対策

このまま放っておいたらまずいことになる。。。シミしわ対策始めましょう!
MENU

このままでは干からびたブルドックへ一直線

 

高校生の頃から、ニキビや乾燥など肌トラブルを抱えていた私。それでも学生の頃は肌のハリやツヤがあり、人から見ると気にならない程度でした。

 

むしろ、真っ白で綺麗な肌だね、と人から言われるほどでした。それなのに、社会人になり20代後半になり、今までになかった顔の線(しわ)や、乾燥具合も今までとは比べものにならないぐらい、自分でも驚くほどの乾燥に悩まされています。

 

このまま、年齢を重ねるにつれ次々と現れる肌どうやって解消するのか、解消できるのか、そんなことを考えると年をとるのが本当に憂鬱な気分になります。

 

「今まで見たことがなかった顔にできた線」

私は、昔からぽっちゃり体型で周りから丸顔と言われてきました。以前は、丸顔と言われること自体にコンプレックスを抱えていましたが、最近ではさらにその顔についた肉が垂れ下がってくるという現象に悩まされています。

 

私の母も丸顔で、顔のたるみをとても気にしています。それでも特別なお手入れをすることはなくほぼ諦めているようです。以前読んだ美容本に「あなたの将来の肌悩みは、あなたのお母さんを見るとわかる」ということを読みました。

 

まさにその、母親の悩みであるたるみを私はまだ20代後半であるにもかかわらず、痛いほど感じる機会が増えてきました。

 

以前はなかった、横顔を見たときに口角の下に顎に向かって線が入っていてその線が特に右側が濃く、顔をアップにしたときに右側から写真を撮られたり、右側に人がいる状態で人と話すことが本当に嫌です。

 

そのシワだけでなく、頬の毛穴も年々目立つようになってきて、メイクをしてすぐは隠せていても夕方に自分の顔を見て思わず「汚い」と思うほど目立つようになってきました。

 

「干からびる、とはこういうこと」

さらに、年々顔の乾燥が気になり夏場でも顔の表面の皮がめくれていたり、化粧が綺麗に乗らない日があります。精一杯、自分では保湿をしているつもりなのに水分が浸透せず、肌表面に馴染まず、液体が載っているという感覚です。

 

いくら油分の多いファンデーションや潤いを謳っているファンデーションや下地を乗せても、それが乗らずに、皮はめくれたまま、なのに時間が経つとめくれた皮膚の上に脂が乗っているという最悪な状況です。

 

それを隠すために、多めにファンデーションを塗ることでさらに顔のパサパサ感が目立ち、「干からびる」ということは、このような肌ではないかと感じるようになりました。

 

顔の造りにシワやたるみが発生し、老けた印象になることに加えて、表面もパサつき干からびており、このままどうにか解消をしなければ将来は「干からびたブルドック」になってしまいます。

このページの先頭へ